• オープンキャンパス
  • 資料請求
学校案内

安心して学べる環境

心の問題を解決し、安心して学べる環境を実現
友達との関係や勉強のことなどで悩んでいる生徒たちが安心して勉強に専念できるよう、本学院ではメンタルケアという面にも力を入れています。
必要に応じて経験豊富な臨床カウンセラーによるガイダンスを実施しています。 また、全学年を対象とした相談・カウンセリングの機会も定期的に設けています。
 
生徒のメンタルな悩みに対応します
横浜デザイン学院のカウンセリングのいちばんの特色は、メンタルケアカウンセラーが1年生の授業の1コマをもっていること。 1年生は1クラスしかないので、クラス全員の生徒の顔を覚えて、個々にコミュニケーションを取ることが可能です。
また、先生方との交流により「Aさんは最近、学校にきていない」「B君は最近休みが多い」などの情報を得て、ケースバイケースで対応することが可能です。
カウンセリングで大事なことは先ず「聴く」こと。
カウンセラーの役割を生徒に伝え、共通理解が持てたら、とことん話し合います。
どんな学校でも毎年、担任や教科の先生が変わりますが、メンタルケアカウンセラーの先生は保健室に毎週います。
そういう部分で「悩みがあれば保健室のカウンセラーの先生に言えばいいよ」という安心感を与えられると思います。

設備

「環境が人を育てる」。これは真実です。大きな夢を抱き、やる気にあふれていても、それを的確にサポートしてくれる環境や設備がなければ、大きな飛躍は望めません。
横浜デザイン学院には、創造力を刺激し、成長をサポートする、多彩で充実した環境・設備があります。
 
一般教室
一般教室

通常の座学講義から軽度な制作実習も行う教室です。明るく広い教室では机の組み替えでワークショップ授業やプロジェクターを使用してのプレゼンテーション授業も行います。
 
デッサン室
デッサン室

美術の授業が多い本校ではの教室になります。白く明るい教室では一人々がゆったりデッサンやクロッキーを行うことができ、放課後には美大受験向けのゼミも行われています。
 
マンガ実習室
マンガ実習室

パーテンションで区切られた一人々の机で思い切り制作に没頭できる環境です。資料としての雑誌やマンガもたくさん置かれており、生徒たちの学習意欲をかき立てます。
 
ソーイングルーム
ソーイングルーム

本格的なソーイングを学ぶ上では欠かす事の出来ない工業用ミシンをはじめ、プレス機や広い作業台を備えており、デザインから縫製までの一貫した作業を行うことができます。
 
コンピュータールーム
コンピュータールーム

ワークステーションを有するデジタル実習室です。タブレットを使った作画授業やグラフィックデザインにも対応できる各種プロソフトも備えており放課後の自習も出来ます。
 
ラウンジ・テラス
ラウンジ・テラス

先生、講師、生徒たちの交流の場としてオープンテラスと室内にラウンジがあります。授業時間外の自習の場として活用する生徒や、お昼は食事と団らんの場になっています。
 
多目的ホール
多目的ホール

入学式、卒業式等の式典や各界の著名な方を招いての特別講義。普段は体育の授業と、放課後のクラブ活動等で使用されています。学園祭ではファッションショーも行われます。
 
レコーディングルーム
レコーディングルーム

演奏室とミキシング室を持つ本格的なレコーディングルームです。映像制作課題ではBGMとナレーションを録音することができ、放課後はバンドのクラブ活動が出来ます。



次のページへ